手動タイプのものと電動鼻水吸引器との比較

赤ちゃんや幼い子供は、自分でうまく鼻をかむことができません。自分で鼻をかむことができないので、風邪をひいてしまったときには、鼻から流れてくる鼻水を手で拭いて顔になすりつけてしまったり、そのまま口の中に入ってしまったり、衛生的にもあまり良い状態とは言えません。大人がこまめに拭いてあげたとしても、奥にたまっている鼻水は取ることができないので、次から次へと垂れてくることでしょう。また拭きすぎて、鼻が真っ赤になってしまう子も見られます。出てきた鼻水を吸ってしまう子供も見られますが、あまりにもひどいと中耳炎になる可能性があります。このような時にあると便利なものが鼻水吸引器です。出てきた鼻水をティッシュで拭き取るのとは異なり、鼻の奥にある鼻水も吸い出すことができるので、子供も鼻の中がすっきりするでしょう。鼻水吸引器には手動タイプと電動タイプが挙げられます。どちらにもメリットやデメリットが存在しているので、それらを把握したうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

電動鼻水吸引器の特徴やメリットとは

まずは電動鼻水吸引器の特徴です。電動鼻水吸引器の最大のメリットとしては強い吸引力が挙げられます。自分の口で吸う手動式タイプと比べると、鼻水を吸い取る力は全然違うでしょう。こんなにも簡単に大量に鼻水が吸引できるのかとびっくりするほど、吸引することができます。子供の年齢に応じて、吸引力を自在に変えられることもメリットの一つとなるでしょう。赤ちゃんにはあまり強すぎる吸引力は危ないので、適切な力で吸い取ってあげるのが望ましいといえます。メンテナンスについても、手間がかかりません。お手入れはホースとタンクを取り外して洗うだけで、本体のメンテナンスも必要ありません。しかし多くの人が気になるのが価格でしょう。手動式に比べると10倍以上の値段になります。またコンセントにつながないと動かないので、準備に手間がかかるでしょう。大きさも手動式の何倍もの大きさがあるので、収納場所に困る可能性もあります。

手動タイプの鼻水吸引器の特徴やメリットとは

次に手動式の鼻水吸引器の特徴です。手動式タイプの大きな特徴は、価格が安いということです。どの商品を購入しても1000円未満で購入することができるでしょう。ドラッグストアやベビー用品店でも置いてあるので、ほしい時にすぐに購入することができます。また小さくて、たいていの商品はケースに入っているので、簡単にどこでも収納することができます。しかし電動鼻水吸引器に比べると、鼻水を吸引する力は弱いでしょう。吸う人の力にもよりますが、やはり物足りないと感じることがほとんどです。赤ちゃんの場合には強すぎるのも良くないので、力の調節も難しいでしょう。このように鼻水吸引器は、電動でも手動でも、どちらにもメリットやデメリットが存在します。これらを踏まえて、どちらを購入するかよく考えるようにしましょう。