金額とデザインで選ぶ電動鼻水吸引器

鼻水吸引器は、赤ちゃんや幼児の鼻水を手軽に吸い取ってあげることができる器具で、中耳炎や結膜炎煮悪化するのを防いであげることができますから、一家に一台あると大変便利です。鼻水吸引器には、手動と電動がありますが、電動鼻水吸引器は、手動に比べるとウイルスなどの二次感染のリスクも下げることができ、粘度のある鼻水も吸引することができますから、おすすめです。電動タイプは、手動に比べると高額になってしまいますから、購入するのに少し躊躇してしまう人も多いかもしれません。ただ、電動タイプは、赤ちゃんだけではなく、圧力を調整することができますから、大人の花粉症対策としても使用することができますから、家族そろって使用することができ、耳鼻科へ行く頻度を減らすことにもつながります。

電動鼻水吸引器の金額とデザイン

電動鼻水吸引器は、持ち運びができるタイプと据え置きタイプに分けることができます。持ち運びできるタイプは、外出先でも使用することができ、小型ですから収納場所をとらないというメリットもあります。デザインは、細型のシンプルなものや、コロンとした形がかわいいものまであり、5000円程度が相場となっています。一方、据え置きタイプは、ハンディタイプよりも吸引力に優れ、しっかりと鼻水を吸いとってあげることができます。デザインは、軽量で収納にも便利なコンパクトなものやボタンを押すだけで簡単に開閉できるもの、シンプルでおしゃれなデザインのものなどさまざまです。値段は、16000~40000円程度が相場となっています。このように、電動タイプは金額にも大きな差がありますから、購入する際には口コミなどをチェックするとよいでしょう。

鼻水吸引器を購入する時の注意点

鼻水吸引器を利用すると、鼻が詰まって息苦しくなることも軽減することができますし、せき込んで寝付きが悪くなることもありませんから、一つは持っておくと安心です。ただ、手動タイプ、電動タイプどちらを選ぶと良いのか迷ってしまう人も多いかもしれません。手動タイプは、親が口で吸引するという手軽さと、価格の安さから一つは持っているという家庭も多いかもしれません。粘り気のある鼻水を吸引するのは難しいといえますが、それほど粘り気がなくさらさらとした水っぽい鼻水であれば、十分効果を発揮しますから、はじめに一つ購入するというのもおすすめです。また、電動タイプは小さい子供が多い家庭や、花粉症などで毎年耳鼻科に通っているという人がいる場合には、一台あると家族全員で利用することができますから、便利です。