電動鼻水吸引器で防げるいろいろな病気や効果

まだ小さいお子さんが風邪をひくと、鼻水がずるずる出てきてしまいます。小さい頃は自分で鼻がかめないので、親御さんが吸引器などで吸い出してあげたり、耳鼻科などで鼻水を吸引してもらうしかありません。横になると鼻がつまりやすくなるので、夜になると鼻が苦しくて眠れないといったことも多いものです。赤ちゃんの頃は特に、寝苦しくて夜通し泣いてしまうといったこともあります。そばで見ているのが辛いといった経験をお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのが、電動鼻水吸引器です。鼻水吸引器には電動のものと手動のものがありますが、電動の方が吸引力に優れています。手動のものだと上手く吸引できない場合も多く、一向に泣き止んでくれないといったこともあります。

鼻がすっきりするので機嫌が良くなる

電動鼻水吸引器を利用するメリットは、やはりお子さん本人が苦しくなくなるといったところにあります。鼻水を吸引してもらったことですっきりし、機嫌がよくなる場合も多くあります。また、夜の場合にも、鼻がすっきりして寝つきが良くなるといった効果があります。耳鼻科を訪れて鼻水を吸引してもらうという方法もありますが、時間が限られているので夜に鼻水がずるずるだと困ってしまいます。一度吸引してもらってその時はすっきりしても、すぐにまた鼻水が出てしまうといったこともあります。耳鼻科に何度も通わなければいけないのも面倒ですし、その際にまた別の風邪をもらってしまわないかも心配です。ですから電動鼻水吸引器のメリットは、自宅で簡単に鼻水を吸引してあげられるというところにもあります。

中耳炎や副鼻腔炎の予防に効果的

小さいお子さんの鼻水をそのまま放置しておくと、中耳炎や副鼻腔炎を引き起こしてしまうことがあります。中耳炎は耳の奥にある中耳と呼ばれる部分から細菌が侵入して炎症を起こす病気です。小さなお子さんは耳の構造上、中耳炎になりやすいと言われています。風邪の後に発症するケースがほとんどで、鼻を上手にかむことができないと中耳炎になりやすいとされています。これは、鼻水に細菌が沢山含まれているからです。それから副鼻腔炎は、副鼻腔と呼ばれる部位にウイルスや細菌が感染して炎症を起こす病気です。風邪によるウイルスや細菌が原因になるので、風邪の後に起きることが多いと言われています。中耳炎や副鼻腔炎を予防するにはお子さんの鼻水をきちんと取り除いてあげることが大切ですが、電動鼻水吸引器はそれをサポートしてくれます。